提案要素技術
2017.11.28

1F2F居室|床下チャンバー空調

 床下に設置したエアコンから空気を吹き出すことで「床下チャンバー空調」として利用します。床下の気密性や断熱性を確保し、さらに床材に「指向性蓄熱材」を用いることで、暖房時間の削減が期待されます。指向性蓄熱材は、次項でご説明しましょう。

 また、居住域のみを暖めることができるため省エネです。一般的なエアコンを少し工夫して使用することで、省エネで快適な環境を作ることが出来ます。

 市販の空調の導入方法の工夫を大事にしています。工夫は生き続けるからです。
 この工夫は「わたしの家」だけでなく、他の家にも取り入れることができ、ZEHの普及にも寄与します。