エネマネハウス2017





2014年に始まった、ZEHモデル住宅設計コンペ。

“エネマネハウス”は、大学と民間企業等の連携により、先進的な技術や新たな住まい方を提案するZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)のモデル住宅を実際に建築し、住宅の環境・エネルギー性能の測定・実証や、展示を通じた普及・啓発を行うプロジェクトです。





ZEHの普及・理解促進のために動く。

大学と民間企業等の協働によるZEHの建築・実証・展示により住宅の新しい価値を創出し、ZEHの普及・理解促進を図ります。

今年は、大阪で。

これまでに、2014年1月東京ビッグサイト東雲臨時駐車場にて第1回エネマネハウス2014を、2015年10月横浜みなとみらいにて第2回エネマネハウス2015を開催してきました。今回は大阪駅前・うめきた2期区域に場所を移し、第3回目の開催となります。

2017年度テーマ

本格的な少子高齢社会、人口減少社会の到来、環境制約のより一層の高まり、
居住ニーズの多様化・高度化などの課題に対応して、快適・健康・省エネで、
自然環境豊かな生活や、それを支える低炭素でレジリエントな社会システムを
実現するため、建築デザイン手法やIoT、ビッグデータ等の先端技術の活用により、
新しいライフスタイルや製品・サービスを提案し、住まい・コミュニティに多様な価値を創造する。


みなさまのご来場、心よりお待ちしております

早稲田大学・芝浦工業大学コンソーシアム