ビジョン

郊外に建つ築40年の工業化住宅を現代的視点で改修し、住まいの寿命を伸ばします。
地形のような温熱環境と、それを自ら調律しながら暮らすライフスタイルが響き合い、
住み継ぎから始まるコミュニティの小さな物語を紡ぎます。

わたしたちが示す2つの
《LIFE DESIGN INNOVATION》

コミュニティに対する
《LIFE DESIGN INNOVATION》

郊外の既存住宅に若い世代が住み継ぎ
いろいろな世代がともに暮らしている少し未来のビジョン

住まいに対する
《LIFE DESIGN INNOVATION》

今はハイテクな設備機器も、みんなが当たり前に、
ひと工夫しながら使いこなす少し未来のビジョン

設計者による技術の調律

「わたしの家」は、築40年の工業化住宅の
寿命を実質80年以上まで延命させる改修案です。
東京郊外の空き家予備軍を対象に、現代のニーズに
答える住まいの可能性を模索しました。
設計者として「技術を調律し適切に用いること」を
重視し、既存外壁を断熱補強するのではなく、
高断熱の薄い新設壁を既存低断熱壁の内外を
縫うように配置し、地形のようにムラのある
温熱環境をつくります。

住み手による住まいの調律

「弱い」手つきの改修により、工業化住宅の
「強さ」を解きほぐし、空間に「緩さ」を与えます。
住宅ストックに住み手が自ら住環境を調律できるような
「懐の深い空間」をつくることで、
住み継ぎの魅力が向上し、
コミュニティ再生や空き家問題軽減等の連鎖を
期待できると考えました。


早稲田大学・芝浦工業大学
コンソーシアム《ワセシバ》紹介

早稲田大学 学生27名

田辺新一教授
建築環境学研究室

高口洋人教授
環境メディア研究室

林泰弘教授
先進電気エネルギー
システム研究室

芝浦工業大学 学生32名

秋元孝之教授
建築環境設備研究室

志手一哉教授
建築生産
マネジメント研究室


3つのワーキンググループにわかれ、学生主体で共に提案・設計をすすめています

建築・生産WG

□設計
□図面作成
□模型作成
□BIM
□VR・展示計画

環境・設備WG

□創蓄熱連携システム計画
□集熱・給湯計画
□温熱環境計画
□シミュレーション
□換気・空調計画

広報WG

□ホームページ立ち上げ
□各種SNS更新
□学内雑誌への掲載
□家具計画
□展示計画


たくさんの企業からのご協力に感謝して、日々励んでおります

詳しい建築計画や提案要素技術は
随時更新中。
ぜひ楽しみにご覧くださいませ。
最後まで、頑張り抜きます!